WordPressから自分でフレームワークを使用したWebサイトへの移行【Laravel】~第2回 機能編~

どうも、sh0です。

前回からに引き続き

  • WordPressから自分でフレームワークを使用したWebサイトへの移行

を進めていきたいと思います。

今回は、第二回の機能編として、必要な機能について検討して行きたいと思います。

まだ、1回目を見ていないという方は、こちらからどうぞ

 

必要な機能の洗い出し

機能の洗い出しの前に前提を少しだけ。

このサイト「1日1本アプリ開発」は、3人で作成しています。

  • sh0・・・エンジニア(私)
  • moza・・・エンジニア
  • オザワ・・・エリートサラリーマン(非エンジニア)

エンジニアでないオザワさんもいるので、記事更新の際にもWordPressのように管理画面のようなものは、必須となります。

では、洗い出しを始めていきましょう。

まずは、ズラズラズラと、書き出します。

  • 記事を表示するための画面・機能
  • 記事を投稿・編集するための画面・機能
  • コメント画面・機能
  • お問合せ画面・機能
  • 全ての画面のデザイン
  • SEO関連の機能
  • その他固定ページ(プライバシーポリシー等)
  • カテゴリー機能 etc

何も考えずに書き出しましたが、一旦こんなものでしょうか。

何か抜け漏れありそうな気もしますが、まずはこれで全てと考えましょう。

(ちゃんとしたウォーターフォール型モデルで進めるんなら、ここでアウトっぽいですが、作業は私一人でやるんで、気にせず行きます。思い出したら付け足せばええよ)

さあじゃあ、機能は洗い出せた!では、作業に移ろうか!!

とは、流石になりませんね。

 

優先順位付け

何せ、そこまで時間はありません。これら全てを一から作っていたら、いくらなんでも時間が足りなくなります。(第100回とかまでかかってしまいます)

なので、先ほど洗い出した機能について、ちょっとだけ補足していきます。

  • 記事を表示するための画面・機能→必須
  • 記事を投稿・編集するための画面・機能→必須
  • コメント画面・機能→必須でない
  • お問合せ画面・機能→広告関係で必須
  • 全ての画面のデザイン→Laravelのデフォルトで一旦いいや
  • SEO関連の機能→必須でない
  • その他固定ページ(プライバシーポリシー等)→広告関係で必須
  • カテゴリー機能→必須でない

これで必須と必須でないものにいったん分けられましたので、

必須でないものは後回しにします。

まずは残ったこちらを考えていきます。

  • 記事を表示するための画面・機能
  • 記事を投稿・編集するための画面・機能
  • お問合せ画面・機能
  • その他固定ページ(プライバシーポリシー等)

 

1つ1つの詳細を考えていく

1.記事を表示するための画面・機能

これに関しては、基本的に作るしかないんですが、どこまでを1から作るかを考えなければいけません。

  • これまでの記事はどうするか
    • wordpressのDBはそのままに参照するか
    • DBから作り直してコンバートするか
  • デザインは一旦、Laravelのデフォルトを使用する

ここでは、検討内容については答えを出しません。

第3回の着手編でやりながら答えを出していきます。

2.記事を表示するための画面・機能

1に関連するので、被りますが、

  • これまでの記事はどうするか
    • wordpressのDBはそのままに参照するか
    • DBから作り直してコンバートするか
  • 管理画面を1から作るのは手間なので、wordpressのダッシュボード(記事の更新)だけは利用できないか

下側を利用する場合は、wordpressから脱却できていませんが(笑)、この辺は時間との相談ということで。

3.お問合せ画面・機能

これは、もうLaravelで作っているのがあるので、そのまま流用します。

4.その他固定ページ(プライバシーポリシー等)

これは、正直考える必要もないレベルです。1を作る際に、固定ページも一緒に考えようってだけですね。

 

まとめ

少し長くなってしまいましたが、まとめとしては、とりあえず

  • 記事を表示するための画面・機能
  • 記事を投稿・編集するための画面・機能
  • お問合せ画面・機能
  • その他固定ページ(プライバシーポリシー等)

を作って、後は一旦後回し!徐々にやっていこう。です。以上!

 

 

次回の私の更新は、2019/12/23です。

第3回目では、着手編について考えて行きます!

是非見てください!

WordPressから自分でフレームワークを使用したWebサイトへの移行【Laravel】~第1回 検討編~

どうも、sh0です。

今回から今月5回に渡って、

  • WordPressから自分でフレームワークを使用したWebサイトへの移行

の検討・実施を行っていきたいと思っています。

*2019/12/15の現在このサイトはWordPressで作成しております。

第1回目の今回は、実施を行う前に、

を記載して行きたいと思います。

 

 

なぜWordPressをやめようと思ったのか

まず、1番の理由をキッパリと書きます。

WordPressは、使っててなんかつまらない

はい、すみません。結局理由なんて、こんなものです。

ただの私の気持ちが原因な感じです。

細かい理由も念の為、上げておきます。

  • WordPressを使用していることがすぐにさとられる
  • デザインが似たりよったりのものになりがち
  • 更新が頻繁にくる
  • プログラムが不要
  • 自分でサイトを作っているといってもWordPressだと成果とは言いづらい
  • 細かいJSでのカスタマイズなどがやりづらい etc…

といった感じでしょうか。まあ、これら逆を言えば、全てメリットとも言えるんですがね。

今回は、まあ記事のネタも兼ねて(本音)、やっていこうと言うことです。

 

 

移行先にLaravelを選んだ理由 

ご存知の方も多いと思われますが、LaravelはPHPのフレームワークです。

ここ最近では、PHPのWEBフレームワークとしては、1番の人気を誇っていると思われます。

私自身も仕事として、Laravelを使用したサイト作成をいくつもやってきましたが、とても使いやすいと思います。

個人で運用しているサイトでもLaravelを使用して作成しているものがいくつかあります。

え?つまり、簡単で慣れているからと言う理由だけで、Laravelにしたと言うことかって?

それもあります(それしかありません)

ですが、念の為、他の候補とそれらの検討結果だけ記載しておきます。

候補検討から外れた理由
CakePHP(PHP)・(筆者個人が)Laravelの方が慣れている
・世の中の使用頻度もLaravelの方が増えている(今後も安定した更新、使ったことのある人が増えることが見込まれる)
django(Python)・Pythonの勉強にもなるが、どうしてもPHPより慣れていない分、作業に手間がかかる
・Webフレームワークとして使用するには、CakePHPやLaravelに比べると用意されていない機能が多い

どれも大した理由ではないです。

好みと思ってもらっても良いかしれません。

  

 

まとめ

WordPressをやめる理由→好み

Laravelにした理由→慣れている

 

以上!

 

 

次回の私の更新は、2019/12/19です。

第2回目では、機能の設計について考えて行きます!

是非見てください!