掃除機の選び方①

こんにちは、オザワです。
今回は新生活を初める方やボーナスで家電を買い換えたい方向けに記事を書きたいと思います。まず初めは掃除機について種類別に分けて3回で記載します。

第1回目:サイクロン式掃除機
第2回目:紙パック式掃除機
第3回目:ロボット掃除機

①サイクロン式掃除機

まず第1回目はサイクロン式についてです。この掃除機の特徴やどの様な方にオススメかを記載していきます。

【サイクロン式掃除機の特徴】

最近の主流はサイクロン式掃除機ですが、こちらの特徴は何と言っても吸引力が変わらない事です。こちらの特徴は皆様ご存じかと思います。ではそれ以外の特徴はどの様な物があるのでしょうか?

【メリット】

(1)コードレス掃除機の種類が豊富

いきなりサイクロンじゃなくてコードの話かよ、と思われた方もいるかと思いますが次回紹介する“紙パック式”にはあまり無いタイプですので特徴として挙げさせて頂きました。
コードレス掃除機にもメリットとデメリットがあります。まずメリットは“少ないステップで掃除が出来る事”です。いったいどう言う事か簡単に掃除を始めるまでのフローを記載します。

■コード有り掃除機:掃除機を取りに行く→コンセントを引っ張り出す→コンセントを挿す→掃除機スタート

■コードレス:掃除機を取りに行く→掃除スタート

記載してみると明らかなのですが、こんな感じで倍近くの工程差があります。掃除機をかけるのは毎日、毎週の事なので出来るだけ少ないステップにしたいですよね。コレを実現してくれるのがコードレス掃除機です。また、部屋を跨いだ掃除に置いてもコンセントの抜き差しが無いことからこちらも時短になります。

【デメリット】

(1)フィルターのホコリ掃除

サイクロン掃除機を利用した事のある方はご存知だと思いますが、埃がフィルタに溜まる頻度が紙パック式に比べ早く定期的に掃除する必要があります(私は3回に一回捨ててました)。コレはどの掃除機にも共通しますが後で話をする紙パック掃除機に比べて頻度が高いのでめんどくさがりには中々キツいです。(私は途中で使わなくなってしまいました)また、埃を掃除する際に埃が舞いやすいのでアレルギー体質の方はマスクをする等の対策が必要です。

ただ、こちらは掃除の度に埃を捨てれば実はあまり手間ではないと感じる方もいらっしゃるかと思いますし、アレルギー体質でもない方が殆どかと思いますのでデメリットではないかもしれませんね。

(2)バッテリーの消耗

こちらは“コードレス掃除機”のデメリットですが、バッテリーが年々弱くなっていくのは皆様ご存じかと思いますが、一体どれくらい持つのでしょうか?

正直コレは機種によるのですが、私が購入した3万円前後のコードレスサイクロン式掃除機は3年で5分も持たなくなりました。3年もてばいいと言う方には問題無いのですが、正直頻繁な買い替えを予定していなかったので半年間は1回の掃除で“5分間掃除→充電→5分間掃除”で頑張っていましたが諦めて買い換えました。。。

最近は技術も進化してきましたのでここまでの事はないかと思いますが参考までに頭の片隅に入れておいてください。

いかがだったでしょうか。次回は紙パック式掃除機についてご説明します。

【1日1本アプリ開発】障害物を越えて行け!【15本目】

どうもオザワです。

開発15本目のアプリです。

【1日1本アプリ開発】世界の愛してる辞典!【15本目】

本プロジェクト初参加です。
ゲームアプリ開発も含めて初開発なのでバグ等多いかもしれませんがご容赦願います。

今回はマ〇オの様な横スクロールができる2Dゲームを開発しました。
初めてにしては頑張ったと思ういます。。。とはいっても、初心者が1日で作成できる
レベルなので中身も簡単ですので是非参考にしてください。

・今日のちょっとソース。

【使用ゲームエンジン】
Unity2018.3.5.f1

【プロジェクト管理】
git(Bitbucket使用)